住宅ローン金利比較ガイドについて

 これから住宅を購入しようとしている方、あなたは住宅ローンの詳細についてご存知でしょうか?住宅ローンには様々な種類があり、金利や融資審査基準が異なります。また、住宅を購入する際には住宅購入費以外の諸費用、税金が発生することも忘れてはいけません。事前に総額でいくら必要になるのかを計算して、きちんと把握しておく必要があります。その他、住宅ローン控除や住宅ローン減税、確定申告の情報など、ここを読むだけで住宅ローンについて知ることが出来ます。

住宅ローン仮審査申込書一括請求[無料]
コンテンツ一覧
住宅ローン金利比較ガイド 新着情報

住宅ローンについてみなさんはどこまで知っているでしょうか?住宅やマンションの購入を検討されている方やご家族が

すでに家を購入したという方であれば、聞いたことはあるかもしれません。しかし、住宅ローンを申し込む機会はそう度々訪れるものではないでしょう。「普通のローンとどう違うのだろう?」という方もいらっしゃるかもしれません。住宅ローンとは一言で言ってしまえば、住宅目的に制限される融資のことです。

もう少々、詳しく表現しますと「本人及びその家族」または「本人の家族」が居住するための住宅やそれに付随する土地を購入、もしくは新築や増改築する際の資金の融資を受ける際に利用するローンなのです。住宅や土地というのは大変高額なものなのです。ほとんどの方が人生で最も高額な買い物となると思います。一括で買うなんてことはそう多くの人が出来るものではないといえるでしょう。貸す方としても、一般の個人への融資金額としては高額になります。

住宅ローンは1回の利用で何千万円というまとまった融資を受けることになるため、その後のライフスタイルが一変してしまうことさえ予想されてしまうのです。そのために、住宅購入者に特化したローンとして出来たのがこの住宅ローンです。日本での起源はとても古くて100年も前の日清戦争の頃に遡ります。経済が活発になるにつれて「住宅を買おう」という人達が増えてきました。その人達のために、不動産会社が始めたのが事の起こり、第二次大戦後の復興時には、戦災による住宅不足から住宅金融公庫が設立され、本格化してきました。今や住宅も一般に普及し、民間の金融機関の主力商品の一つになりました。

夢のマイホームを建ているときには、ほとんどの人が住宅ローンを利用しますよね。ところで、どのようなローンが住宅ローンなのでしょうか?また、住宅ローンを利用するための要件など基本的な知識を知っておくことからはじめましょう。住宅ローンは自宅を購入するために利用できるローンのことです。

住宅を購入する際には、全額現金でカバーできる人はほんの一部の人ですよね。ほとんどの人が住宅ローンを利用します。ところが、「家」を購入するからといって、どのような家でも、またどのような人でも借入れできるわけではありません。住宅ローンはどういったものなのか、基本的な知識をそなえておいたほうがよいでしょう。

そして住宅ローンは、文字通り、住宅を取得するために利用できるローンです。そのため住宅取得以外の目的には利用できません。借換えする以外には、途中から住宅ローンを借入れすることはできないということなのです。住宅ローンは通常の場合次のような用途に限られています。1、自分が住むための住宅の購入、建築のための資金、、自分が住むための住宅の増改築資金、3、・住宅ローンの借換え資金、4、住宅購入のための諸費用(一部の金融機関)です。

住宅ローンを組んだ後でも、「繰上返済」を上手く活用していけば、総返済額を減らすことができます。なぜかというと住宅ローンの利息は、ローン残高(元金)に対してかかるものだからです。繰上返済したお金はすべて元金にあてられます。そのためその分ローン残高が減少していきます。その結果、利息も減少していき総返済額も減少するということになります。

ただし、金融機関によって繰上返済をおこなう時に数千円~数万円の手数料がかかることもあります。また、ある程度はまとまった金額からしか返済できないという場合がありますので注意が必要となります。新生銀行の「 パワースマート住宅ローン 」などは繰上返済手数料が0円 です。1円から繰上返済ができる住宅ローンもあります。

金利や保証料とあわせてみてそういった面もチェックしながら住宅ローンを組むようにしましょう。また、「 パワースマート住宅ローン 」には、普通預金の残高があらかじめ指定した金額(1万円から)を超えた場合に自動的に返済してくれる「 自動繰上返済 」機能なども用意されています。忙しい方などやうっかりと忘れてしまいがちな方もこのような機能を活用していけば繰上返済をすすめていけます。